肝斑を薄くする方法について


 肝斑は女性特有のシミです。広範囲に茶褐色のシミができてしまうため、とてもやっかいなものです。

ここではまず肝斑のセルフチェックを紹介してい次に薄くする方法を紹介します。

肝斑のチェック方法

1.妊娠中・産後にやたらと頬のあたりにシミが増えた

ホルモンバランスが変化しやすい時期のため、肌のバリア機能が低下してメラニンが生成されやすくなるためです。

2.30代~40代以降にシミが増えた

年齢とともに女性ホルモンの分泌量は低下するため、メラニン色素が生成されやすくなるためです。

3.丸いシミではなく範囲の広いシミができた
→頬骨の周辺に左右対処のシミができていると、ほぼ肝斑です。

肝斑を濃くしてしまう原因

1.洗顔時にマッサージをよくする

やさしく泡でマッサージするのは大丈夫ですが、肌にある程度の刺激を与えてしまうとメラニン色素の生成を活性化してしまいます。

2.顔のリンパマッサージなどをよくする

リンパマッサージは美容のためにされている方がいるかもしれませんが、思っている以上に肌に刺激を与えているため、本当は逆効果です。

3.強いストレスを感じる日が続くとシミが濃くなる

ストレスを感じていると肌の機能が低下してメラニン色素の生成が活性化します。

4.ピルを服用している

ピルは女性ホルモンの分泌を変化させる働きがあるため、服用している人ほど肝斑ができやすいという傾向があります。

以上がセルフチェックのポイントになります。

肝斑を薄くする方法

1.飲み薬を内服する

肝斑も一般的なシミと同様にメラニン色素でできているため、メラニン色素の生成を抑えるビタミンCやLシステインが配合された飲み薬で予防することができます。

※LシステインとはビタミンCと似た働きをするシミを薄くする成分です。

>>肝斑に効く飲み薬のランキングはこちら

2.シミ取りクリームを使う

シミを薄くする効果が高い「ハイドロキノン」という成分が配合されたシミ取りクリームは肝斑に対して最適です。

肝斑を薄くできるシミ取りクリームは以下のページで紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

>>シミ消しクリームのランキングページにもどる

ドラッグストアで人気のシミ消し商品の記事

ドラッグストアで人気のシミ消し商品を以下のページで紹介しています。

>>メラノCC美容液の効果・口コミはこちら

>>ケシミンクリームの効果・口コミはこちら

>>白潤プレミアムの効果・口コミはこちら

The following two tabs change content below.
ゆかり

ゆかり

30代の主婦です。シミ・肝斑に悩んでいましたがシミ消しクリームを使って美肌を取り戻すことができました。 当サイトではシミに悩む方のために役立ち情報を発信しています。
ゆかり

最新記事 by ゆかり (全て見る)