【体験談】ビーグレンのホワイトクリーム1.9のシミへの効果

The following two tabs change content below.

ゆかり

30代の主婦です。年齢とともにシミが増えてきたので、色んなシミ消しクリームを試してなんとか何もない状態に戻すことができました。今はシミに悩む方のために役立つ情報を発信しています。

28歳で結婚して、30歳の時に子供が生まれ育児を頑張っていたのですが、産後3ヶ月を過ぎたあたりから急にシミや肝斑が増えてきたのです。

 

「産後はホルモンバランス変わるって聞いてたけど、もろに影響でてきてるじゃん…」

 

そこから色んなシミ消しクリームを試してきたのですが、最も効果があったのがビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」でした。

 

クリームを肌に塗ると血行が促進されるため、じんわりと温かくなっているのが実感できます。

 

ハイドロキノンは刺激があるっていうけど、このクリームのハイドロキノンは刺激を抑えた状態にしてあるので、敏感肌の私でも問題なしでした。

 

トライアルを使った7日目でシミと肝斑が部分的に薄くなったので

「あ、もう薄くなってる。これ使い続けてみようかな?」

と感じ、その後も使い続けました。

 

その後、三ヶ月ほどでぽつぽつとした丸いシミや肝斑はほとんどなくなりました。

 

産前のきれいな肌の状態に戻ることができたので、今ではコンシーラーでシミを隠すという面倒なことをしなくてすんでいるのでとても助かっています。

QuSomeホワイトクリーム1.9の成分

QuSomeホワイトクリーム1.9の主成分は商品名からも分かるように濃度が1.9%のハイドロキノンが配合されていますが、この濃度には理由があります。

まず一般的なシミ消しクリームではハイドロキノンの濃度が2%~4%になっていますが、このぐらいが肌にあまり刺激がないため安心して使うことができます。

しかし、肌が敏感な方だと最低ラインの2%でも肌がヒリヒリしてしまうものです。

そのため、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、1.9%とかなり低めに設定しています。

さらに、ハイドロキノンを独自の技術で薄い膜で包み込んだ状態で肌に浸透させるので、より刺激を抑えた状態で使うことができるのです。

ハイドロキノン4%と同じぐらいの効果がある

ビーグレンの研究によるとQuSomeホワイトクリーム1.9は市販の濃度が4%のハイドロキノンクリームと同じぐらいの効果があることが分かっています。

理由としては、一般的なハイドロキノンクリームは肌に浸透しにくいため、濃度が高くてもいまいち効果を実感しにくい方がいたのですが、QuSomeホワイトクリーム1.9では浸透性を高めているので、縫度が低くても実感力が高いのです。

QuSomeホワイトクリーム1.9はトライアルで試そう

QuSomeホワイトクリーム1.9は単品購入では15gで6000円(税抜)とドラッグストアで販売されているようなクリームと比較すると高い価格です。

しかし、刺激をある程度抑えたハイドロキノンが配合されていることを考えると購入する価値がある価格でもあります。

ただ、いきなり単品購入は難しいと思うので、まずはトライアルセットで一週間ほどで肌に変化があるかを試してから、単品購入するべきかを判断するのが賢いやり方です。

トライアルセットなら1800円で購入することができます。