【厳選】シミ・くすみを薄くする成分が含まれる食べ物

シミ・くすみができてしまったときには、シミ消しクリームのような肌の外からのアプローチと美白成分が含まれる食べ物を摂取する内側からのアプローチが大切です。

このページでは美白成分別におすすめの食べ物を紹介しているので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

関連記事:おすすめのシミ消しクリームランキング

ビタミンC

シミに効果的なビタミンC

ビタミンCは美白有効成分として認められているほど美白には欠かせない成分です。

主な働きはメラニン色素がこれ以上生成されるのを予防してくれるのと、できてしまったシミ・くすみを還元化(薄くする)してくれることです。

しかもビタミンCはたくさん摂取しても体に悪影響がないという特徴があります。ただ、体内に蓄積されにくいので、数時間おきに摂取すると効率よく体全体に巡らせることができます。

ビタミンCが多く含まれる食べ物

ビーマン、レモン、いちご、キウイ、柿、芽きゃべつ、アセロラ、ケールなど

効果的な摂取方法

シミ対策にビタミンCを毎日摂取するといっても毎回果物や野菜を摂取するのは面倒なはずです。

手軽に摂取するにはサプリと粉末タイプのビタミンCがおすすめです。

DHCや大塚製薬などのビタミンCサプリなら手ごろな価格で購入できますよ。

また粉末タイプのビタミンCはあまりドラッグストアで販売されていないのでAmazonで購入するといいでしょう。

ちなみに私が普段愛用している粉末のビタミンCはスズヨ美健研究所が販売しているものです。

粉末タイプは温めた水に溶かして飲みますが結構酸っぱいので最初は飲みにくいかもしれません

>>Amazonの販売ページはこちら

CCレモンのようなジュースでビタミンC摂取はあり?

「CCレモンってビタミンC豊富だからこれで摂取したら楽じゃない?」

と思われる方がいたりしますが、絶対におすすめしません。

その理由は砂糖がたくさん入っているので、肌の老化を進行させやすくしてしまうからです。だからこの状態でいくらビタミンCが摂取できても効果は薄いのです。

ただ、砂糖不使用で野菜100%や果物100%のジュースならば、体にいいので問題ありません。

ビタミンCとタンパク質の同時摂取でコラーゲンの生成をより促進

できるだけ短期間でシミを薄くしたいのならば、ビタミンCと一緒にタンパク質も摂取することをおすすめします。

そうすることでコラーゲンの生成が促進されるためみるみる肌がきれいになっていきます。

タンパク質の多い食べ物:肉類、豆乳

リコピン

シミを薄くするリコピン

トマトに豊富に含まれていることで有名なリコピン。抗酸化作用がビタミンEの100倍もあるといわれているためいつまでも若くいたいならぜひ摂取しておきたい成分です。

実際にカゴメが肌が暗くなった方にトマトジュースを摂取してもらった実験を行ったところ、ターンオーバーの促進とメラニン色素の生成が抑えられたのが分かっています。

参照:第 30 回日本カロテノイド研究談話会

トマトジュースでの摂取がおすすめ

リコピンを手軽に摂取するならやはりトマトジュースが最適です。カゴメや伊藤園が販売しているトマトジュースならとても飲みやすいため、毎日飽きずに続けることができますよ。

また、トマトジュースの場合には一日当たり200mlを目安に摂取するのが効果的です。

ただ、飲みにくいときには塩を混ぜることで飲みやすくなります。

トマトは体温を下げるので冷え性の方は注意

生のトマトやトマトジュースは体を冷やす働きもあるので冷え性の方は控えておいた方がいいです。

ただし、トマトは加熱調理すると体を冷ます働きがなくなるので安心して摂取することができます。

アスタキチン酸

シミを薄くするアスタキチン酸

リコピンはビタミンEの100倍の抗酸化作用がありますが、アスタキチン酸には1000倍もの効果があります。

近年ではアスタキチン酸を配合した化粧品も増えているため、アンチエイジング目的で購入される方が多いようです。

アスタキチン酸はカニ、えび、鮭に含まれていますが、この中では鮭が一番摂取しやすいでしょう。鮭を焼いたりムニエルにしたりして摂取すると効率よく摂取することができます。

参照:アスタキチン酸

■短期間でシミを薄くするならクリームがおすすめです
>>おすすめのシミ消しクリームランキング