ハイドロキノンクリームの作り方と注意点

手作りのハイドロキノンクリームを作る流れを紹介します。

用意するもの

・ハイドロキノンクリームを保存する容器

・精製水

・ハイドロキノン原末

・クエン酸(食用タイプ)

・軽量スプーン

作り方

まず精製水を容器に20ml入れます。

次にクエン酸を0.4g入れ、ハイドロキノン原末を0.8g入れます。

容器を閉じて、振ることで混ぜ合わせます。

混ぜ終わると濃度4%のハイドロキノンクリームが出来上がります。

一旦、手に塗ってみて刺激が強い場合にはハイドロキノン原末の量を減らして作ってみましょう。

自作のハイドロキノンクリームのデメリット

自分でハイドロキノンクリームを作るのは、安く済むからという方が多いのですが、手作りだと刺激が強いためあまりおすすめできません。

実際、市販のハイドロキノンクリームは刺激を抑えたものを販売しているため、手作りのものよりも確実に肌に優しいのです。

刺激を抑えたハイドロキノンクリームとしてはビーグレン社が販売する「QuSomeホワイトクリーム1.9」というものです。

ハイドロキノンの濃度が1.9%のクリームですが、刺激を抑えたクリームなので敏感肌の方でも安全に使用することができます。

>>詳細はこちら