手のシミを消す方法まとめ

「手を見れば年齢が分かる」と言われるほど、手は肌年齢を正直に示しています。

顔が若々しく見えても、手が老けて見られるだけで相手から「老けてるなあ」と思われてしまいます。

特にシミができているとより一層老けて見られます。

でも大丈夫です。
ここでは手のシミを薄くする方法を紹介しているので、毎日実践することでシミのないきれいな手に近づいていくことができます。

ビタミンCを摂取する

ビタミンCはコラーゲンを生成する際に必要になる成分で、たくさん摂取することで肌のターンオーバーを促進して、沈着したメラニン色素を浮かび上がらせてくれます。

また、抗酸化作用もあるため細胞が老化するのを防ぐ働きも持っています。

ただし、ビタミンCは体に蓄積されにくいため一日の内、数時間おきに摂取することで美白効果を高めることにつながります。ちなみにビタミンCは摂取量に上限はなく、たくさん摂取しても副作用はありません。

ビタミンCはドラッグストアに売ってあるサプリメントで摂取しても問題ないので、手軽に済ませたい方はぜひ購入しておきましょう。

外用薬の使用

皮膚科でハイドロキノンやトレチノインなどのメラニン色素を薄くする成分が含まれるクリームを処方してもらうという方法もあります。ただ、成分の含有割合が高いほど肌への刺激や負担が高まるため、人によっては肌が赤くなることもあります。

そのため、最初は成分の含有割合の低いもので試してみるといいでしょう。

手のシミを消すハンドクリームを使う

シミ消し用のクリームはたくさん販売されていますが、ほとんどは顔用です。

なので、なかなか手に特化したタイプのクリームはありませんでした。

しかし、最近では「キメテ」という薬用のホワイトニングクリーム(手専用)が販売されており、手のシミに悩む多くの女性がその効果を実感されています。

メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸や肌に優しい植物由来の美白成分が豊富に含まれているため、白いすべすべの状態を目指すのも夢ではありません。

>>キメテの詳細はこちら